sinosukeの駐妻日記@SanDiego


2009年からのSanDiego発(初)駐在妻生活。           右も左も英語も分かりません。   日々の出来事をつらつらと。      最近大学生になりました。
by sinosuke4989
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅( 9 )

何故かパリ。

f0201859_13551950.jpg


今年初の旅行は何故かパリ。

行き先を言うたびに、「なんで?!」と突っ込まれつつ、
アメリカから13時間かけて行ってきましたっ(昨日帰国)

なんとSanDiegoから国際便が出ていて、ロンドン経由でパリに。
LAへの移動がない分、少しだけ気楽な移動☆(とはいっても10時間以上のフライトだけど)
飛行機の中では死んだように寝ていたのであっという間に到着しましたw

蛇足だけどヒースロー空港のターミナル5が新しくなってて、かっこよかった。シビレマシタ。

f0201859_1411248.jpg


入っているお店は勿論、トイレのドアとかドアノブとかまでかっこよくて(笑)
色もサインもしぶかったっす。流石イギリス。くー。

パリは風が冷たくてちゃっと寒かったけど、街並みやパリジャンのファッション、
街をぷらぷら歩くだけで楽しかったなー。

歩くたびに「おっ!」というものがある。
マフラーの巻き方だったり、全身黒にぱっと明るい刺し色を入れる辺り。

SanDiegoでは”歩くコト”がなかなかないので、それだけでも新鮮でした(笑)

毎日足がパンパンになるまで歩いてたので、
家に帰って期待を込めて体重計に乗ったものの変化なし。
それにしてもアレだけ毎日歩いてたのに痩せてないってどういうことかしら~(怒)

まだまだ旅の荷物が片付かないけど、明日から学校です。
休みが終わるのって早いっ!

旅紀行はボチボチ。




ぽちっ☆と応援お願いします♪

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
[PR]
by sinosuke4989 | 2012-01-23 14:18 |

Mexico③:散歩。

f0201859_0142959.jpg

延び延びになっているMexico紀行(笑)
メキシコシティではどこへ行くのも地下鉄で移動していたので、結構歩きました。
気候的にはそんなにサンディエゴと変わらないものの(25度前後)、街中がカラフルでカラフルで。

赤い玄関とか
f0201859_015498.jpg


黄色の魔よけとか
f0201859_0152532.jpg


青い駐車場の壁とか
f0201859_0154160.jpg


まさに原色信号カラー。
たまにベージュとか茶色のおうちをみると「地味!」と思ってしまいました。
目は慣れるもので(笑)
防犯上の為か壁・車庫を道側に設置する家がほとんどで、車庫のゲートと壁に工夫を凝らしている感じ。
壁命☆なデザイン(笑)

確かトルコも似たような構造だったけど、玄関の門をくぐると予想外に広い素敵な中庭があったりと、
何度となくハッとさせられた記憶があります。
日本の前庭からじわじわ・・・とはまた違った面白さ。


何はともあれ街の中をぷらぷら歩いて、
肌でその国の空気を感じると旅をしてるなぁ~と嬉しくなる。




ぽちっ☆と応援お願いします♪

雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

[PR]
by sinosuke4989 | 2011-02-28 00:31 |

Mexico②:日本人宿サンフェルナンド館。

f0201859_1552058.jpg

MexicoCityでは日本人宿サンフェルナンド館にお世話になりました。
どんなお宿かドキドキしながら、入ったところビックリここは日本?と言わんばかりに快適な空間。
オーナーは日本に若い頃滞在したメキシコ人の女性で日本語はぺらぺら、宿の実質の管理は長期滞在者の男性がお世話してくれました。

「長期滞在者が幅をきかせている」というのも心配ポイントだったんだけど、
ほんわりした居心地のいい宿でした。


私たちが泊まった部屋はツインのバス・トイレ付+簡単な朝食(パン、ゆで卵の和え物、コーヒー)で
1部屋32ドル/泊。
支払いはドルでもペソでも可能だけど、ペソはその日のレートで金額が変わる。
部屋は3日間宿泊して掃除なし。タオル付なのでタオルは毎日交換してもらえます。
ちなみにドミは9ドル(バストイレ共同)。もちろん朝食付(同じメニュー)。
部屋はドミノほうが壁が赤とか緑とかでメキシコカラーで可愛かった。

共有のキッチンがあって、好きに使えるので長期の人たちは殆ど自炊してました。
インターネット(無料)、タクシーの手配などもしてくれます。

立地は地下鉄の駅近くで便利で、
宿近くの大通りはナイトマーケット的な夜市が毎日あり。
コンビニもあるので、必要なものは全部近所で揃います。


安全のため、日本人以外は入管禁止(ドアも開けないように~と張り紙してあった)
街中では殆ど日本人を見かけなかったけど、ここにはたくさんいました(笑)
長期滞在者や南米を回ってきた人、回る予定の人、帰る日が定かでない人、あさってからモロッコに移動する人などなど、夜の飲み会では色んな話が聞けて楽しかったなー

色々先々まで計画を立てないでいい生活って不安定かもしれないけど、
何だかわくわくする。
つかの間の滞在だったけど、バックパーカーだった頃を思い出しました。
嗚呼、旅に出たい。


San Fernando館
Plaza de San Fernando
No.13,Col.Guerrero,MEXICO D.F,C.P.06500
Tel:5510-0548 Fax:5510-0548
E-mail:sanfernando@mail.goo.ne.jp






ぽちっ☆と応援お願いします♪

雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

[PR]
by sinosuke4989 | 2011-02-14 01:56 |

Mexico①:MexicoCity空港。

f0201859_13552428.jpg


初めてのメキシコ旅行♪ 
LAXから3時間半のフライトでMexicoCityに到着しました。

楽しみな反面、アメリカに着てからあまりメキシコについての
いい話しを聞かないのでちょっとびくびく。

某サイトでMexicoCityの治安や注意点を尋ねたところ、

「D.F.空港での両替は最近またかなり危ないです。
運悪く強盗にあってしまったら、抵抗だけは絶対しない方がいいと思います。」

とか

「ふたり組の警察官に職務質問されてパトカーに押し込まれて財布の中身もっていかれた事があります。警察官が…かなりショックでしたが 夜道を歩くときは明るい場所か人の多い場所を選べば大丈夫かと思います。楽しんできてくださいね」

など親切にアドバイスをいただきました。


yutaさんが
「俺、旅行用の財布ないからポケットに裸銭で行くわ~~」とのん気に言い出したので、
「のこのこ死に行く気!?」と一括。←マジ切れ。

人間色々な死に方があると思いますが、銃殺は素敵とはいいがたい。
畳と行かないまでも、平和に最後を迎えたいです。

そんなこんなで気を引き締めてMexico空港に降り立ったわけですが、


・・・かなり平和な雰囲気。


雰囲気もかなりすっきり明るくて、
今までアジアの国々でみてきたぼったくりタクシーの運転手軍団や
許可なく荷物を持ってチップをねだる輩も全くなし。

タクシーも空港出口にあるTAXIチケットカウンターで行き先まで正規料金で買えました。
ちなみに今回は日本人宿サンフェルナンド館(DownTown)まで175ペソ(当時1ドル11ペソ)でした。

両替は街中と空港の料金所は大差なし。
しいて言うなら、到着ロビーより出発ロビーの料金所のほうがレートがよかったです。
ペソ→ドルの換金率がかなり悪いので(10%減だそう)、必要な分だけ分けれ両替するのもあり。

ちょっと肩透かしにあった初日でしたが、何とか無事到着!


つづく



ぽちっ☆と応援お願いします♪

雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

[PR]
by sinosuke4989 | 2011-02-12 14:36 |

自分お土産@Mexico。

f0201859_5294879.jpg

観光やら海でゴロンと過ごしてたので、
Mexicoではほとんどお買い物もせず(yutaさんと一緒だからね~)


帰りのMexico空港でブラブラしてたら、小さなMexicoのデザインSHOP「DESIGN-MX」を発見。
残ってたペソで自分お土産を購入。ペソ持ってても仕方ないもんね~

SensacionalというデザイングループのGoodsがたくさん!ジャンクでカラフルでかわいいの。
f0201859_530088.jpg

「MEXICAN DISENO NOT MADE IN CHINA 」の言葉がシニカル。

ぽちっ☆と応援お願いします♪

雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

[PR]
by sinosuke4989 | 2011-01-30 05:30 |

ただいま。

f0201859_2231821.jpg

遅めの冬休みで1月15日~21日でMexicoCity&Cancunへ。
LAX→MexicoCity→Cancunの往復でひとり650USドルByAeroMexico。
6日間と短いながらも観光にビーチにと2都市を満喫してきました♪


地球の歩き方に「メキシコはアメリカカナダについで安全な国で・・・」との記述があり、
「ほんまかいな」とかなり不信感を抱いてMexicoCityに乗り込んだわけですが、
コレがコレが、Nice☆Mexico!

個人的にはCityが楽しかったな(CancunはMexicoであってMexicoではない・・・リゾートです!)
人はいいし、食べ物は美味しいし、物価安いし、全然安全やしと
いい事尽くめのMexicoCity。
殆どの観光地を地下鉄で見て回りましたどこまで行っても1乗り3ペソ〔1USドル:約11ペソ〕)

街にはカラフルな色が溢れていて、
今回の旅で一気に大好きな国(街)になりました。

また行きたい。
でもしばらくMexico料理は勘弁。
まだ胃が拒絶中。
フルフル。


ぽちっ☆と応援お願いします♪

雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

[PR]
by sinosuke4989 | 2011-01-23 02:23 |

10年封鎖の噂を聞いて。

f0201859_5492634.jpg夏休み8月29日~9月7日でペルーに行ってみました。
まさかのペルー。
こんなに早々行くとわ。
どっちにしても、↑の噂はガセです。 焦らなくて大丈夫です。

今回は全て自力旅でした。地球の歩き方は準備段階ではわかりづらくて使えなかったけど(現地に行くと使えた) 行ってみたら分かることがいっぱいあって、「書いてあったあのことはこのことだったのか!」と意外と別の方向から楽しめました(笑)

ペルーは観光に力を入れていて、心配していた治安はかなり良好で(観光客が集まる場所に警察官が結構ウロウロしている)ペルーの人もいい人ばっかりでした。
リマはと都会過ぎて、面白みがなかったかな。リマCUTでクスコをもっと観光すればよかったとちょい反省。

ご参考になれば。

■日程
8/29(土) ロス→リマ
         LAX→LIM  01:50PM → 空港泊(ベンチでゴロゴロする)
8/30(日)  リマ→クスコ
         LAX→LIM  12:25AM
         LIM→CUZ  5:55AM →07:10AM  クスコ着
         日本語をしゃべるアントニオに出会い、聖なる谷ツアー参加→途中下車でオリャンタ泊
         オリャンタは遺跡と居心地のよさそうな小さなお店が少しあるだけの町だったけど、
         もっとゆっくりしたかった。
8/31(月)  マチュピチュ観光 午後 アグアスカリエンテス泊 
f0201859_7445699.jpg         



















昼からのんびり遺跡を歩く。芝に座ってぼんやりする。
翌日ワイナピチュ登山をしようかと思っていたけど、また入場券を買わないといけないし(マチュピチュ入り口を通らないと登山口にいけない)で諦める。
なぜなら普通に遺跡の中を歩くだけでも辛いから(笑)
野リャマがいました。
f0201859_752022.jpgf0201859_7522151.jpgf0201859_7523661.jpg











9/1(火)   アグアスカリエンテス→クスコ
f0201859_87643.jpg早めに切り上げてクスコに戻る クスコ泊
ヨーロッパみたいにきれいな町で、しかもご飯が美味しい!!!
PucaraGranja Heidiがオススメです。Pucaraは日本人経営のペルー料理屋さんで、イラスト入りメニューが嬉しい。いくつか頼んでハズレなし。久々にパスタを食べたけど激うまだった。Granja Heidiはドイツ人オーナー経営のレストラン。サッパリした味付けで、、おかずクレープが大きい!軽食ではなくしっかりしたランチにオススメ。

f0201859_8203340.jpgf0201859_8211487.jpgf0201859_8213854.jpg













9/2(水)   クスコ→プーノ (アンデスエクスプローラー乗車)
f0201859_83656.jpg 



















唯一yutaさんが主張したアンデスエクスプローラー。標高が一番高い場所で停車します。
空が青い。

f0201859_8272543.jpgf0201859_8363080.jpg
     









「世界の車窓から」みたいに山間の農村や町や市場(ホントに市場の真ん中)を抜けて行き、10時間飽きずに楽しめる。
しかも今回車両のお客さんは総勢5名。スタッフのが多い。

長旅を楽しませてくれるお料理♪ウエルカムドリンク、ランチコース、ティータイムと3回サービスがある。ペルーでいちばん美味しかった!

f0201859_7334570.jpgf0201859_729010.jpgf0201859_7292191.jpg













f0201859_7294350.jpgf0201859_730577.jpgf0201859_730253.jpg














9/3(木)  ティティカカ湖島巡りツアー参加 タキーレ島泊
f0201859_8313667.jpg



















ティティカカ湖の島を3島、1泊2日かけてまわる。写真は泊まった島ではなく、最初に周ったウロス島。
各家にはソーラーパネルがあって意外とハイテク。タキーレ島の宿はホテルがないので島民のお宅にホームステイし、着いてランチと30分の休憩を取ったら地元の子供たちと高地サッカー、その後小1時間歩いて夕日を見に丘に登り、夕食後民族衣装に着替えて公民館でダンスパーティーと標高が高い場所とは思えない運動量の濃いツアー内容でした。ホームステー先のご飯も美味しいし、のどかで素敵な時間だった。満天の星を見る予定が満月で明るすぎたのが心残り。

9/4(金)  ティティカカ湖島巡りツアー参加 プーノ泊
9/5(土)  プーノ→リマに移動
9/6(日)  リマ観光 
9/7(月)  LIM→LAX  12:05AM → 6:50AM

【お役立ち情報】
■高山病の薬
f0201859_6185870.jpgf0201859_6191434.jpg










高山病の薬というものはそもそもないらしいのですが、病院では緑内障の薬を処方してもらいました。リマの空港にも薬局があってそこでも購入可能。
高山病が怖かったので、待ち時間の間にまず一錠。処方通りにちょいちょい飲んでたおかげで、旅行中高山病知らずでした。
さすがにプーノのホテルでは数回酸素ボンベを持って走る従業員を見かけました(怖)
友達の旦那さんは到着したクスコでお酒を飲んだら一発でなったそーで。


■電車
PeruRailの駅
f0201859_7823100.jpg駅らしくないクスコの駅。
連れて行ってもらったから行けたものの知ってないと分からない感じ。地味な住宅街に地味にある。

今回幸運にも全くストにあわずに済みました。








バックパッカー号
f0201859_649258.jpgf0201859_6492792.jpg










PeruRailのHPからonlineでチケットを購入できる(VISAでしか決済できないので要注意!)。ちなみに写真は一番安いバックパッカー号。十分キレイ!
現地でも予約できますが、いい時間帯(早朝マチュピチュ夕方クスコ便)はさすがに厳しい。時間変更はプリントアウトした予約表(PDFチケット)を駅に持って行けば変更可能。追加料金は取られるけど、安くなった場合の差額はもらえないのであしからず。

アンデスエクスプローラー(クスコ→プーノ)
f0201859_7184693.jpgf0201859_7254548.jpg









クスコ→プーノを週3往復している。他の移動方法としては遺跡巡りのツアーバスか飛行機。
アンデスエクスプローラーとツアーバスの移動時間はほぼ同じ10時間(バスツアーはこのツアーでしか行けない遺跡観光も含まれているらしい)
クスコプーノを往復するなら片道ずつ使ってみるのもありかも。
アンデスエクスプローラーでは美味しい料理のほかに民族音楽のコンサートが待合室、午前、午後とあって楽しい。さすがに午後は飽きたけど、お客が5人しかいないので欠席したら悪いかと思って出席。踊りまであった。お酒飲んでたのでフラフラ~
料金設定が高めだけど、満足のいく内容。後悔無し!!色々オプションのオーダーを言ってくるけど、追加しなくて十分です。

■宿&ツアー
f0201859_9313764.jpg今回宿は★★★ホテルを事前に日系旅行者ミッキーツアーで予約しました。個別に取るよりもミッキーさんで取ったほうが料金が安く取れました。リストになくても泊まりたい宿をリクエストすると手配してくれます。

ただツアーは現地手配よりも約倍の設定。時間がある場合は現地手配をオススメします!
駅に客引きがいっぱいいるので何とかなる。
日本語を操るアントニオにクスコ空港で出会って、ツアー手配、送迎手配、駅にチケットを取りに寄ってくれたりと親切にしてもらいました。信じてよかったよ。だって怪しさ全開。
ティティカカ湖の島巡りツアーはクスコで済ませておくと安心。


南米に味を占めてしまったので、またどこか行きたい!
次はメキシコ????
[PR]
by sinosuke4989 | 2009-09-15 22:51 |

裏ヨセミテ。

7月4日の独立記念日にヨセミテに行ってきました。初国立公園です。
f0201859_1372415.jpg


今回はLA在住クマさん主催のキャンプ&釣り&トレッキングに参加。
クマさんはアウトドアとアウトドアの隙間で働いていらっしゃる素敵なお方です。
トーランスのニジヤ(SD店よりも大きくて充実)で待ち合わせ後、いざヨセミテへ出発!!


道中クマさんがふと、

「今日行くところはいいところですよ~とは言ってもココは正確にはヨセミテじゃあないんだよねぇ。山を挟んで裏なんだよー」

私「・・・えっ?・・・」

表に行く前に裏ヨセミテに来てしまった。

でもさすが裏だけあって、独立記念日なのに人も多くなくのんびり♪ 
釣りキャンプトレッキング三昧の3日間でした。

今回一番お気に入りは2日目にTwenty Lakesのトレッキング!!
f0201859_695032.jpg 











★Water TAX
RoundTrip/OneWay  
大人  11ドル/7ドル
シニア 10ドル/6ドル
子供  06ドル/5ドル
犬    05ドル/4ドル


★Boat Rentals
Fishing Boat
10時間  90ドル
05時間  60ドル 
02時間  30ドル


Saddlebag Lakeで男性人が釣りをしている間、あんこさんと二人で4時間激歩き♪(あんこさんは足を負傷しているのに私より歩くのが早いツワモノ)

Saddlebag Lakeの対岸にWaterTaxで行き、道なりに進んでいくと・・・
f0201859_615172.jpg
f0201859_6163095.jpg
ランチ場所↓
f0201859_629819.jpg

f0201859_624537.jpg


































f0201859_6264128.jpg


































今回のキャンプメンバー!
f0201859_6511062.jpg

初参加で何も持参せずに参加したけど、みんながお肉やらマーボー豆腐、すき焼き、焼きマシュマロ、お酒などなど持参して意外とリッチなキャンプ生活(笑)
クリスがつくってくれたトラウト入り朝雑炊が忘れられませんっ
ダシがいい具合に出て、ちょっと中華風。
ついでくれる時に、「ちょっとポン酢をいれますね」なんて、「日本の心がわかってるなおぬし」と唸る私。

一晩置くのが彼のポリシーらしく前日から仕込んでたのだけど、日本人で「雑炊はそこまで煮込まないよね?おじやならわかるけど」と言っていたら、朝になって「おじやに訂正することにしました。一晩置いてお米がやわらかいのが好きなんです!」と可愛いクリス。
いいやつだ(でも釣りは好きらしい)


一応私も2匹GET!!初めてのカヌー&ルアーで釣った魚を焼いて・・・
f0201859_5334514.jpg




















f0201859_5374380.jpg



















※化粧道具を忘れて3日間スッピンのため、モザイク無しではお届けできません。
[PR]
by sinosuke4989 | 2009-07-13 13:07 |

ラスベガス2泊3日。

f0201859_3331837.jpg

6月の連休に15号をひたすらまっすぐ運転して5時間。ラスベガスに行ってきました。
SanDieoに来て、初めての遠出♪

最初はわーっと思えた景色もだんだん代わり映えしない・・・
景色は山が砂漠に変わり、気温もぐんぐんUP。
途中いくつかのアウトレットで休憩しながら、夕方前に到着。

yutaさんの買い物欲がかーなーりDOWN↓だったので、アウトレットはさらーっとまわるのみ(涙)
Kate Spadeが入ってるアウトレットは限られてるのでかなり貴重!
次回は何か買ってやる~



f0201859_9442571.jpg今回TRUMPさんに宿泊。
このホテルはカジノはないけど、Whnnの対面にあって便利な立地。












f0201859_950433.jpgこんな部屋。
スタンダードスタジオタイプ。

木製の○×に燃えた。












f0201859_951851.jpgキッチンや道具が揃ってたので、食材を購入してくる人もチラホラ。

ラスベガスはあんまり食べ物は期待できないので(要ドレスコードのスーパーレストランはあるようだけど・・・)、

次回はキッチン付きで食材持込みで行こうと計画中。








今回はべラジオのBuffeに行ったけど、全然イマイチ。
シーフード=カクテルシュリンプかいっ!と突っ込み所満載。
なんだかんだでWhnnのBuffeが一番美味しいみたい(ま、一番高いけど


我が家はBuffe負けしてしまうので、普通に美味しいものをちゃんと食べたいのです(願)。

なんやかんやでBuffeはもういいかなぁ~で食べたWhnnのCafeのクロワッサンサンドが、サクサクで一番美味しかった(2回食べた)。
アメリカにこんな美味しいものが・・・と感動。
あれは泣けた。←大げさ?


f0201859_13424674.jpgf0201859_1343362.jpg





















ラスベガスといえばナイトショー。
MASAYOさんオススメのLE REVEを鑑賞。有名な「O」と同じクリエーターの作品で、水中アクロバティックにさらに芸術性を追求し円形のステージが特徴らしい。

感想はまさに動く絵画!全てに圧倒されました。
人間の体はこんなにも美しいのかと。

かなり大満足だったけど、舞台全体を使うショーだったのでもう少し後ろの席にすればよかった。
視界に入りきらないので、あっちを見たりこっちを見たりで忙しい(笑)

席は、一番安いスプラッシュエリア(最前列)、普通席、一番高い席(最後尾)の3ランクに分かれていて、ネットで予約すると座席指定が出来なくてどんどん前の席から埋めていくみたいです(前から2列目だった)。
土曜のショーだったけど、余裕で席が余っているので当日会場で座席指定がオススメ。
ちなみに一番高い席はシャンパンとおつまみ付き。


街を歩くとTIX TONIGHTというナイトショーの格安チケット店を見かけます。
すごい行列だけどなんと当日チケットが半額!
お目当てのショーのチケットがあるかどうかは賭けだけど満席になることはほとんどないらしいので、ココは運を天に任せて並んでみるのもありかも。

参考HP:ラスベガス大全


最近インテリアのことをまともにしていないので、ホテルをいくつか覗いてみました。
やっぱり洗練されていたのはWhnn!!
Casino周辺をウロウロしてみたけど、色使いと照明がアジア?オリエンタル?的でいい感じでした。
照明が可愛い。

f0201859_9402358.jpgf0201859_9403837.jpg




















f0201859_9414668.jpgf0201859_942065.jpg




















f0201859_9471170.jpgf0201859_9472625.jpg




















f0201859_9573414.jpg TRUMPに泊まりながらほとんどWhnnで過ごしたラスベガス。
いつか泊まってみたいなぁ。

ちなみにCasinoは勝ち逃げです。
スロットよりもポーカーマシーンが勝てました(笑)

エレベータ付近とか隣のホテルへの通路とか何とかしてCasinoを通そうとするところが笑える。

テーブルポーカーもしくはポーカールームデビューをぜひしてみたい。
[PR]
by sinosuke4989 | 2009-06-14 03:35 |


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧